信楽のお天気
本サイトご利用にあたって
お問い合わせはこちらから
トップページへ戻ります 信楽の文化や歴史について 詳しい位置がわかります その他のリンク集です
名 所
信楽町の施設一覧
信楽町の医療機関一覧
相談コーナー
その他の情報
畑のしだれ桜
 信楽町畑のシダレザクラは樹齢400年を越えるといわれるもので、落人の伝承とからまってこの地のシンボルとなっています。
 小高い丘の上から大きく垂れた枝いっぱいの桜が満開となる様子は感動的です。市指定の天然記念物になっていま。
〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町畑
場  所:甲賀市信楽町畑
アクセス:信楽駅から車で15分〜20分 地図→こちら
     信楽駅発着・畑巡回ルートのバスをご利用の場合  時刻表→こちら
駐 車 場:20台 ※公民館がありますのでそちらをご利用下さい。
お問合せ:信楽町観光協会 TEL:0748-82-2345 FAX:0748-82-2551
夜9時までライトアップしています。
ゴミは持ち帰るなど、近隣の住民の方のご迷惑にならないようにお願いします。
ページトップへ
紫香楽宮跡(しがらきのみやあと)
 紫香楽宮跡は、紫香楽宮跡駅から徒歩20分、松林に覆われた小高い丘に残る、国指定の史跡です。
 奈良時代の天平14年(742)に聖武天皇が造営した離宮で、3年後の天平17年(745)には正式な皇居として定められました。しかし天災など不幸なことが相次ぎ、同じ年の5月に平城京へ戻ることになってしまいました。
 現在にも残る礎石(そせき)が「幻の都」といわれ続けた所以を感じさせます。
〒529-1803 滋賀県甲賀市信楽町牧
アクセス:信楽高原鐵道 紫香楽宮跡駅から徒歩20分
お問合せ:信楽町役場生涯学習課
TEL:0748-82-8076 FAX:0748-82-2463

○紫香楽宮跡の発掘調査など詳しく知りたい方は下記のURLへ
「紫香楽宮のホームページ」http://www.geocities.jp/tenpyounomiyako/
ページトップへ
鶏鳴の滝
 鶏鳴の滝のいわれは、滝の東方にそびえる笹ヶ岳(信楽最高峰)の山頂に古い寺跡があり、元旦の朝になると、この寺跡の閼伽池から黄金の鶏が現れ新年の幸を告げるという伝説にちなんで名付けられています。
「信楽をこよなく愛す神山の住民」さんのブログより紹介させていただいています。
ブログはこちら
〒529-1812 滋賀県甲賀市信楽町神山
アクセス:信楽高原鐵道信楽駅より車で20分
R422号から県道334号に入り、更に林道に入ります。途中に案内があります。
ページトップへ
仙禅寺跡磨崖仏 (せんぜんじあと まがいぶつ)
  朝宮茶発祥の地とされている「仙禅寺」。その大半は中世の戦乱で焼失しており、現在は巨大な岩に寄り添うようにお堂が立っています。お堂の下部の岩壁には、鎌倉時代に彫られた三尊の磨崖仏がひっそり佇んでいます。
 また、芭蕉句碑も建っています。
「木がくれて  茶摘もきくや ほととぎす」
 これは松尾芭蕉が亡くなる直前の51歳に、ここ信楽・朝宮を詠んだ句というのが定説です。
〒528-0001 滋賀県甲賀市上朝宮
アクセス:信楽高原鐵道信楽駅より車で20分
詳しい位置はこちらで確認して下さい。
ページトップへ
Copyright (C)2009 shigaraki Communication Networks All Rights Reserved.